超A級トレードツール「フォレックス・ドットコム」が来た!

前編 米国の最先端プラットフォーム FOREXTraderの魅力に迫る!

フォレックス・ドットコムの主力商品である『FOREXTrader』。米国では2008年、2009年の「最高の取引システム賞」に選ばれ、今最も注目を集めるトレーディングツールといえる。
多くのトレーダーの支持を集める『FOREXTrader』の魅力とは!?
そして、なぜ“ゴルゴ13”なのか!?
そのすべてをフォレックス・ドットコム チーフアナリスト岡安氏(以下、岡安)が解説する。

岡安 盛男
岡安 盛男
フォレックス・ドットコム
ジャパン チーフアナリスト


―  『フォレックストレーダー』のイメージキャラクターにあの超A級スナイパー「ゴルゴ13」を起用した意図は?
岡安: いま、FX取引では手数料やスプレッドなどコスト面ばかりがもてはやされていますが、それには約定されるという前提があってのことだと思うんですよね。
いくらスピードが速くて、ズレがなくても、最後に約定しなかったら意味がない。
そこで、『フォレックストレーダー』の約定力を表すには、狙ったターゲットは絶対に逃さないゴルゴ13がぴったりじゃないか、と。
―  約定力のほかにも、『フォレックストレーダー』には様々な強みがありますね。
岡安: そうですね。ゴルゴ13が自分を表す言葉に、「10%の才能と、20%の努力、30%の臆病さ・・・、あと40%は運だろう・・・」というものがあるのですが、なんとなく投資にも言い当てられそうですよね。ですが、“40%の運”というのはどうでしょう。
私は、分析力や情報、そして優れた取引ツールをパートナーに持つことで、投資からばくち的な要素をずいぶん取り除けるのではないか、と考えています。
そのためには私たちのようなFX企業が、有益なサービスをトレーダーの皆様に提供することが重要ですよね。
―  『フォレックストレーダー』の”有益なサービス”とは、どのような点が挙げられますか?
岡安: まずは、ひとつの画面で売買から情報確認までのすべてを行えるオールインワンのプラットフォーム。このフォームはご自分の取引スタイルに合わせて、簡単な操作でカスタムしていただくことができます。
また、チャートスペースを十分に確保したテクニカル派の方向けレイアウトや、ファンダメンタルを重視する方向けのレイアウトなど、『フォレックストレーダー』にあらかじめ設定されている取引画面を選んでいただくことも可能です。
このプラットフォームで、注文から分析、情報収集、ポジション管理までを網羅。

このプラットフォームで、注文から分析、情報収集、ポジション管理までを網羅。

ディーリングパネルの数や、各種パネルの大きさ調節も思いのまま。自分仕様のプラットフォームが作れる。

ディーリングパネルの数や、各種パネルの大きさ調節も思いのまま。自分仕様のプラットフォームが作れる。

<< Topへ   後編へ >>
  • ― リスクについて ―
  • ・ 外国為替証拠金取引(以下FX取引)は、お客さまからお預かりする証拠金の額に比べて大きい額で取引されるリスクのある金融商品で、元本や利益の保証はございません。お取引開始にあたっては内容を十分にご理解頂き、お客様ご自身の判断と責任でお取引ください。
  • ・ FX取引は、為替相場の変動や流動性及び、各国の金利差や政治情勢等によりレートが大きくかい離する場合がありシステムダウン、インターネット回線の不具合等の場合は取引ができなくなることがあります。
  • ・ 提示する取引レートには買値と売値に差(スプレッド)があり、相場の急変時はスプレッドが拡大し、意図したレートで取引できない場合もあります。
  • ・ 証拠金の残高が維持証拠金を下回った場合は自動的にすべてのポジションを強制決済致しますが、レートのかい離により損失額が預入証拠金を上回る可能性があります。
  • ・ 取引通貨の金利動向により、スワップポイントが、受取りから支払いとなる場合があります。
  • ・ レバレッジは商品・通貨ペアによりことなりますが5倍~200倍に設定されております。(2010年8月1日から、上限が一律50倍になります)
  • ※その他詳細についてはホームページの「リスクに関して」をご覧ください。
  • http://jp.forex.com/jp/others/forex_riskwarning.shtml

Topへ戻る