超A級トレードツール「フォレックス・ドットコム」が来た!

前編 ヤツはそんなにスゴいのか!?6社ガチンコ比較の結果やいかに

日本上陸を果たしてまもなく、”業界随一の約定力”と多くの支持を得ているフォレックス・ドットコムの『フォレックストレーダー』。
その高評価の真偽を確かめるべく、FX企業比較サイトを運営する『ALL外為比較』監修のもと、株式会社トラヴィスコンサルティングが比較調査を実施。実際に本口座を開設したうえでの比較により、デモ調査ではわからないリアルな調査結果が明らかに!

“フォレックス・ドットコム”のポテンシャルを暴く

“フォレックス・ドットコム”のポテンシャルを暴く

世界140か国にサービスを提供する米国大手FX会社、ゲインキャピタル社を親会社に持ち、2009年9月の日本上陸後早くもFX業界のリーディングカンパニーと呼び声が高いフォレックス・ドットコムジャパン。
“狙ったターゲットは外さない”という、あの超A級スナイパー『ゴルゴ13』をイメージキャラクターに起用したことからも、同社の“約定力”へのこだわりが伺える。お察しの通り、ここから先は同社がもつポテンシャルの高さを検証していくのだが、今回はその検証方法にひとひねりを加えた。今人気のFX会社5社を集め、計6社による比較調査を行なったのだ。
「トレーダーの要求がレバレッジの高さ、スプレッドの狭さ、スリッページの少なさ・・・とトレンドが急変していくFX業界で、本当に使い勝手の良い会社を見極めるポイントとして“約定力”に着目するのは正解だと考えます」(畠山氏)
比較対象のFX会社は、フォレックス・ドットコムをはじめ取引システムが異なる6社を選定した。調査内容は、約定率と約定スピード、最新レートやチャートの更新頻度といった定量分析調査と、画面の見やすさや使用感といった主観的な調査の2方面から行ない、定量分析調査に関しては、比較的マーケットの動きが少ない日本時間の午後2時、ロンドンオープンにあたる午後4時、NYオープンにあたる午後10時半と1日を通し3つの時間帯で行なった。

フォレックス・ドットコムの“リジェクト数0”に軍配

「まず、レート更新については、レート表示が小数点以下の表示が2桁なのか3桁なのかで差が出る結果となりました。
3桁まで表示しているフォレックス・ドットコムやD社は、更新回数も多く、逆に2桁表示のA社とF社は他社に比べて少ない更新となりました」そして、調査はいよいよ今回のメインテーマである“約定力”へ。
ドル/円で1回あたり1万ドルの取引を計27回、約定調査を実施した。
「そもそも約定力を売りにしている取引所取引系のF社あたりがいい成績を残すのかと思いきや、興味深い結果に。堂々1位はリジェクト数0のフォレックス・ドットコム。2位はA社でリジェクト数は4。システム重視型のため“滑りやすい”と批評されることの多いネオFX系では健闘しましたね。そしてD社、F社…と続くのですが、気になるのがリジェクト数271回のC社。調査中に『なにかのトラブルではないか』という声も上がったほど」(畠山氏)
続いてスリッページの調査結果。1位はスリップ0のフォレックス・ドットコムとF社。
ただし、F社はスリッページが発生した際はリジェクトされる仕組みとなっており、同社のリジェクト数は10のため実質はスリップしている可能性も。約定スピードに関してはC社が圧倒的な速さで1位。続いて2位のD社、3位のフォレックス・ドットコムは、約定まで最長1秒前後と、優秀な約定スピード力を印象付ける結果となった。

< 約定力比較表 >   実施日:2010年2月26日
会社名 約定平均速度 リジェクト回数
A社(ネオFX系) 2.55 WORST 4
フォレックス・ドットコム 1.24 BEST
C社(ネオFX系) 0.71 BEST 271 WORST
D社(ネオFX系) 1.19 6
E社(異業種系有名FX) 1.63 13
F社(取引所取引) 1.52 10

「一般的な感覚として、約定率は8割以上でないと安心できないのでは」という畠山氏の言葉に沿うと、今回及第点に達しているのはフォレック ス・ドットコムとA社ということになる。

< スリッページ比較表 >   実施日:2010年2月26日
会社名 スリッページ
A社(ネオFX系) 最小0.0pips 最大0.1pips
フォレックス・ドットコム 最小0.0pips 最大0.0pips  BEST
C社(ネオFX系) 最小0.0pips 最大0.3pips  WORST
D社(ネオFX系) 最小0.0pips 最大0.4pips
E社(異業種系有名FX) 最小0.0pips 最大0.2pips
F社(取引所取引) 最小0.0pips 最大0.0pips

今回の調査では、スリッページ許容度を9pipsか無制限に設定。下3桁のレート表示のシステムでは、2桁表示より細かくレート変動するためか、3桁表示のシステムのほうがスリッページ率、幅とも高い傾向にあるようだ。

<< Topへ   後編へ >>
  • ― リスクについて ―
  • ・ 外国為替証拠金取引(以下FX取引)は、お客さまからお預かりする証拠金の額に比べて大きい額で取引されるリスクのある金融商品で、元本や利益の保証はございません。お取引開始にあたっては内容を十分にご理解頂き、お客様ご自身の判断と責任でお取引ください。
  • ・ FX取引は、為替相場の変動や流動性及び、各国の金利差や政治情勢等によりレートが大きくかい離する場合がありシステムダウン、インターネット回線の不具合等の場合は取引ができなくなることがあります。
  • ・ 提示する取引レートには買値と売値に差(スプレッド)があり、相場の急変時はスプレッドが拡大し、意図したレートで取引できない場合もあります。
  • ・ 証拠金の残高が維持証拠金を下回った場合は自動的にすべてのポジションを強制決済致しますが、レートのかい離により損失額が預入証拠金を上回る可能性があります。
  • ・ 取引通貨の金利動向により、スワップポイントが、受取りから支払いとなる場合があります。
  • ・ レバレッジは商品・通貨ペアによりことなりますが5倍~200倍に設定されております。(2010年8月1日から、上限が一律50倍になります)
  • ※その他詳細についてはホームページの「リスクに関して」をご覧ください。
  • http://jp.forex.com/jp/others/forex_riskwarning.shtml

Topへ戻る