FXは気合い!!やるのかやらねえのか?

外為 >>ALL外為比較サイト運営者  /  兄貴 >>FXトレイダー兄貴

第2話
外為 :
ブログに載っていましたけど、今年2月に旅行されましたよね?
兄貴 :
ああ、あの時は西表島に行ってたんですよ。
2008年8月から2009年2月まで月〜金曜までぶっとうしで取引してて、結局土曜日も朝まで相場が動いているから徹夜で起きてチャート見てボタン押してみたいな。日曜は休むんですけど、また月曜日の朝から取引スタートみたいな生活を送ってたんですよ。。
で、その時は、賭け事大好きなんで勝負していることが楽しくて、そういう生活がホント幸せだって思ってたんですよ。睡眠も1日3、4時間ぐらいで起きたらそのままチャートチェックしたり、、、まともな生活ではないですよね(笑)。 だからちょっと休もうかな〜と思って西表島に行ってきたんですよ。
人によって考え方は違うと思うんだけど 2009年2月の8000万円近くの損切りは所詮1月にとった利益がなくなっただけだから俺は何とも思ってないんですけど、事務所に「兄貴大丈夫ですか!?」とか問い合わせがきて大騒ぎしてましたけど、元々の考え方が違うんですよ。要は今ある1億円とか2億円の元手を10億円にしようって俺は思ってるから、そういう勝負をすれば1億円負けても当然で普通なんだよね。ただそれが一般の世界だと理解できないみたいで・・・。
外為 :
そうですね。なかなか理解できないでしょうね。
兄貴 :
確かに8000万円あったら東京で一戸建買えますけど、そういうやり取りを結局しちゃってたから一般の人と感覚にズレがあるんだよね。
PHOTO_002
外為 :
その日に銀座に飲みに行って「こんなことできねーだろーお前らっ!」ってブログも凄かったですよね。
兄貴 :
まさにそういうとこですよ。 負けた時でもしょっちゅう銀座に行ってましたね。酒は飲めないんだけど結構女の子が好きだから、口説きに行ってました(笑)。 「相場なんか負けて当然。勝つことが不思議」って気持ちで戦ってるので、別に負けたからってなんとも思わない。「しょうがね〜な。。。」って。そりゃ裏で勝つ人がいるんだし、そんなに甘いもんじゃないってものだと考えてるからね。
まぁ負けた原因は自分でわかってますから。87円付近で結局もう下髭出てるのわかったんだけど、数%の可能性に賭けちゃったんですよ。 でも結局その心理も間違いじゃなかったよね。今87円より下なんで、あのときのポジションはあと1億円どっかから用立てて打ち込んでれば今頃利益出てたから。
損切りをした時にブログでも書いてるんですけど、為替の値なんてものは、金持ってる人間達や国が納得して折り合えば10円だろうが1000円だろうが関係ないっていうのに気がついたんですよ。それでこんなマネーゲームに人生全てを賭けて勝負する自分にショックを受けて、目を覚まそうと思って沖縄行って色々考えたんですよ。
じゃぁホントにただ普通に裕福な生活をするためだけだったら1日10万円や20万円をスキャルピングで稼げば別に腹いっぱいの人生送れるんじゃね〜かと。そんな事を考え始めた時に一人でも多くの人に私の未熟な経験の中からでもアドバイスすることで勝ち組になれる人が増えたらいいなって思ったんですよ。
61連勝くらいしていた当時なんかも「弟子にさせて下さいッ!」って人がたくさん来てたんですよ。まぁ相場しか興味がなかったから放置してたんですけどね(笑)。
自分の場合は、たまたま自分の力で勝つことが出来るようになったんだけど、全ての人が自分で出来るかって言われたら難しいじゃないですか。 それで2、3人面接したら結構熱意も伝わってきたんで、そっから、じゃぁ弟子育成の為にマンションの一室に専用のトレードールームを作ったりしたんですよ。
アメリカの投資本とかも散々読んでたら、海外だと有名なトレーダーが現役中でもセミナーとかカレッジ作って弟子達を育てて、弟子達も大物トレーダーになるっていう話が結構あるんですよ。じゃぁ俺も、たった1、2年だけど自分の壮絶な経験、誰も味わえない経験を伝えながら、弟子を育てて行こうと思ったんですよ。
で、今までいろいろな分野で頂点極めてきたから、せっかくFXもここまできたんでこれも極めてから辞めようってことで、丁度2008年12月ぐらいから雑誌のSPA!とかいろいろなメディアからご提案をもらった所の取材をどんどん受け入れてったんですよ。
外為 :
そうですよね。最初はあまりメディアに出てなかったですよね。
兄貴 :
そう、最初は全然出る理由が無かったんでね。出ても漫画くらいで。 でもSPA!さんからも熱意あるご提案がきてて、私が出ることによって夢を与えられるなら良いかなと(笑)。
急な円高の時など大負け食らったとか悲しいメールがたくさんあるわけですよ。 あとは会社クビになっちゃったとか、まぁリストラにあったとか。そんで兄貴みたいに手に職つけて自由な時間と自由な世界で戦ってみたいってメールが。
まっ正直言ってマンションの一室にパソコン置きゃいいだけですから仕事としては。あと回線、軍資金用意すればいいだけですから確かに突っかかりはみんな世の中の人間誰でもできそうな事業ですからね。
外為 :
でも私は普通にサラリーマンしているほうが何倍も楽だと思いますけどね。職業柄いろんな人と話しをしますけど、本当に相場師ほどしんどい職業は無いと思います・・・。
兄貴 :
そのとおりだね。並の神経じゃ務まらないね。まあ自分は賭け事がホント大好きなんで。 でも勝負の世界は絶対勝ち負けがつくので甘ったるいことなんて言ってられない。例えばプロ選手だってレギュラーになって勝たなきゃ年棒もらえない、やっぱり良い悪い別にして、戦って時には誰かを蹴落としてそれに対する報酬で有名になったり優雅になったりっていうとこに魅力があって現実だよね。
実際公営ギャンブルもカジノとかもFXにしても日経225にしても何でもそういう激しいヤツは大好きですよ。だから実際戦ってても疲れるとかそういうことはなく幸せでしたよ(笑)。
外為 :
資産運用って感じじゃないんですね。
兄貴 :
もちろん。特にFXの世界はホントに戦国時代みたいなものですから。だからブログなんかでもキツイこと書くけど甘い気持ちで戦うとあっという間に資金なくなっちゃいますよと。
外為 :
ところで有料セミナーもやられてるんですか?
兄貴 :
そうだね。6時間付きっ切りで35万円コースとかやってますね。
なんか世の中では35万って高いらしいですが、自分からすると安すぎるんですけど(笑)。
外為 :
一般的には高いですね。
兄貴 :
要は勝てる方法を教えてあげるんだから、それで35万円は安くないですか??
外為 :
それもまぁ日本人の考え方なんでしょうけど、要は無料とか2000〜3000円のセミナーが当たり前になってるので、それに行って満足してホントのセミナーを知らないんですね。
兄貴 :
正直スキャルピングって結構大変なんっすよ。座ってなきゃいけないし手だって疲れるし集中してなきゃいけないから何か目標がないとやる気が出ないんですよ。
要するにもう昔みたいにただ自分のために取引するんじゃやる気が出ない、だから取引している所を悩んでる人に見てもらってお金をもらうと。35万円っていう金額も俺の投資経験が凝縮されているものだから別に高いとは思わないんですけどね。
あと、日本に実際に取引している所を見せられる人っていないじゃないですか。勝っても負けても。
負けたら負けたで堂々と威張ればいいんですよ。相場なんていつも勝てるもんじゃないですから。で、負けた理由を正直に述べて「こういう負けをしないように」と教える、それも1つ大切なことだと思うんですよ。勝てば勝ったで、その勝った理由を見せながら教えると。まぁ一年ぐらいは、セミナーをやっていこうと思ってるんですよ。もちろん止まってるチャートじゃなく、今世界中のトレーダーが売買してる「生きてるチャート」でね。
取材日時 2009年11月
次回 >>>兄貴の秘伝!酒田五法について


  1. 第1話
  2. 第2話
  3. 第3話
  4. 第4話