FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

ALL外為比較 > 専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム > 複数口座を開設するメリット

専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム


複数口座を開設するメリット

こんにちは。
SBIホールディングスが運営するFX情報サイト「ALL外為比較(https://www.allgaitamehikaku.jp/)」連載コーナー第2弾として“複数口座を開設するメリット”を中心に掲載をさせていただきます。

遡ること15年以上前、1998年(平成10年)に大幅な規制緩和が施行、一般個人投資家へ外国為替証拠金取引(FX)の投資機会の提供が開始されました。投資家の利益に直結するスプレッド、スワップポイントの競争にとどまらず、ついには商品キャンペーン(なんと食品キャンペーンも登場!)、取引高に応じた現金キャッシュバックなど、真新しいユーザーメリット提供が開始されたこともあり次から次へと口座開設をしたという読者も多いはず!

しかしながらこのようなキャンペーン表面的なメリット以外にも見落としている重要な点もあるはず! 読者の皆様におかれましては、初級〜上級者、小口~大口派の方々まで幅広くご覧になってると思いますので、今回は全ての投資家の方にポイントの下記2点に要点を絞って取り上げたいと思います。


1.取引トラブルリスクの回避

中級以上の方は御経験もあろうかと思いますが、取引トラブルの発生はスイスフランショックのような予期せぬ大事が起きなくても結構頻繁に起こってます。

例えばこのようなお知らせメールをご覧になられたことはありませんか。

「現在当社をご利用されているお客様におかれまして、ログインしづらい状況が発生致しております。この度は、お客様に大変なご迷惑をおかけ致しましたこと、深くお詫び申し上げます。」結果的に収益に取引が影響がなかった場合もあるかと思いますが、システムエラーに伴う取引トラブルが無いことは口座選びの大きなポイントです。

「損切りできない、ポジション維持をするためにクイック入金ができない、ロスカット値が接近中!」という状況になったらいかがでしょうか。我々にはこのトラブルを未然に防ぐことは出来ません。唯一可能なことは複数口座を持ち分散しておくことです。

別口座を保有していれば、何かしらの回避策を実行することも可能です。FXは今や100%インターネットを経由の取引ですので、システム面での最悪の事態を想定しておきましょう。

リスクを極力なくし長くお取引をすることがFXを楽しむコツであると考えます。

2.スプレッド安定的提供

皆さんが口座開設をする際に比較検討する中で多くの方が最重要視されるのが「スプレッド」です。単純に買値、売値の差がユーザーにとってのコスト負担という考えに基づきますが、現在では米ドル円で見てみると、

・SBI FXトレードが提供する0.27銭(原則固定)※10,000通貨取引まで

・GMOクリック証券、DMM.com証券、外為どっとコム、ワイジェイFXといった0.3銭(原則固定)

がメジャー会社のスプレッド数値となりますが、果たして皆さんが取引する時間帯のスプレッドはいかがでしょうか。

その時間帯に突然拡大したり、ちょっとした指標時に拡大を目にしたりして、「えっ?なんで??」という経験はないでしょうか?

実は現在、筆者は特に早朝の東京株式市場が始まる前の7〜9時前後、米市場が動く21〜23時は良く見てみるとスプレッドが拡大する事態も目にします。もちろんあくまで原則固定、取引が少ない時間帯は銀行からの提供レートも開いており、狭いスプレッド提供が困難となり拡大せざる得ない状況かと思われますが、こちらも複数口座を保有していれば各社で狭いスプレッドを提供している時間帯によっては異なるFX会社を利用することによって、投資家は有利で安定的なスプレッド提供を行っている会社で取引が可能です。

0.1〜1.0銭以上の利幅を得られる可能性もあるため一度じっくりとレートを確認されてみてはいかがでしょうか。


次回も“複数口座を開設するメリット2”と題して複数口座開設のメリットを記載します。こうご期待!

2015年3月21日 誌面掲載分


FX会社 最新ランキングはこちら!!

主に使っているFX会社は?FX会社ランキング最新版、公開中!

「FX攻略.com」への寄稿コラム

本寄稿コラムは、株式会社Waplusが発行する月刊誌「FX攻略.com」へSBIホールディングスが運営するFX情報比較サイト「ALL外為比較」が独断と偏見に満ちた、しかし他では読めないコアなFX情報・独自の視点での寄稿文を、掲載しているものです。

※ 原則、月間誌への寄稿文をそのまま掲載しておりますが、小幅な加筆修正を経ることもございます。
※ 最新版を読まれたい方は毎月21日前後に発売される「FX攻略.com」をご覧下さい。

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL外為比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性および正確性を保証いたしません。

また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。

したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。

掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。

お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。

当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。

掲載情報のうち「専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、

個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。