FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

ALL外為比較 > 専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム > ホットなキーワード「マイナンバー」
FXと大きく関係がありますのでご注意を!!

専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム


ホットなキーワード「マイナンバー」
FXと大きく関係がありますのでご注意を!!

FXとは関係なさそうなマイナンバーですが、お取引会社(FX、証券会社等)は各種支払調書等の提出のために顧客のマイナンバーを管理しなければならない義務があります。FX会社ホームページでは、すでにマイナンバーに関する案内がアップされています。FXとマイナンバー関係については外為オンライン、外為どっとコム、GMOクリック証券では特設ページを準備しています。今後の取引に関わってきたり、納税に関係したりする重要なご案内となりますので、この機会に概要を理解していきましょう。


マイナンバー制度の概要

住民票を持つ(原則、外国籍の方にも割り当てられます)すべての人に対して割り当てられる12桁の番号がマイナンバーです。法人については1つ多い13桁となります。2015年(平成27年)10月より対象となるすべての人に対して簡易書留で案内通知が始まっています。2016年(平成28年)1月から運用が開始されるマイナンバー制度は基本的には一生変わることがないご自身の固有の番号ですので大切に保管するようにしてください。


勤務先などへの告知は必須

マイナンバーは社会保障、税、災害対策の分野において、行政手続きの効率化を目的に活用されるものであり、公的な分野でのみ使われるとのことです。このような国が管轄する制度となると他人任せになりがちですが、一部の法令で定められた手続きを行うためには、国民ひとりひとりが、自分のマイナンバーを行政機関や勤務先などへ告知する必要がありますので忘れないようにしてください。私事ですが勤務先よりマイナンバーに関する案内がありました。今後は制度をしっかり学んで、管理と活用をしていかなければなりませんね。

以下マイナンバーに関する詳しいページです。ご参考にしてみてください。

★特集-マイナンバー:政府広報オンライン

http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/index.html


2016年1月1日以降の口座開設はマイナンバー告知が必要

ここからは、FX会社中心にお手続きを記載します。例えば、外為オンライン特設ページを参考にしながらポイントを絞ってまとめていきたいと思います。

まず、
2016年1月から新規に口座開設をされる方
△垢任乏旭戰ンラインに口座をお持ちの方(2015年末までに口座開設完了された方)
で、マイナンバーを告知しなければならない時期が異なるのがポイントです。


★外為オンラインの「マイナンバー」特設ページ

http://www.gaitameonline.com/myn_info.html



提出否かでどのくらいの強制力が働くものなのか。場合によっては取引停止もありえるのか。今後の各FX会社からの案内に注目したいと思いますが、現時点では2018年末までは、3年間の猶予期間中として問題なく取引は継続できると判断してよいかと思います。

マイナンバーに関する法令では、FX会社が税務署に提出する支払調書などに顧客のマイナンバーを記載することが義務付けられて、これが完全に施行されるまでに3年間の猶予期間が設けられています。しかし、これは猶予であり免除ではありません。マイナンバー登録は必須事項になりますので各FX会社からの案内がありましたら速やかにご登録をすることをオススメします


読者様はFXに精通されていると思いますが、その他の取引も2016年大発会からの激動の相場下、活発に取引をされているかもしれません。他金融機関で銀行の場合、マイナンバーと預金口座の紐付けは、2018年(平成30年)からの運用となりますが「任意」であるそうで、FXよりは軽い対応となります。(予定)

先物・オプション、特定口座、NISA口座はFX同様に2018年末までの3年間の猶予期間あり告知が必要となります。本来は金融取引の補捉が主眼というより、預金残高やポイント一元化のように統合的に資産や所得の国家把握が目的で、公平な徴税のためのものです。

今後も様々な場面でマイナンバーを利用ことになると想定されますので、この機会に制度をしっかり学んで、管理と活用を徹底していきましょう。

2016年2月21日 誌面掲載分


FX会社 最新ランキングはこちら!!

主に使っているFX会社は?FX会社ランキング最新版、公開中!

「FX攻略.com」への寄稿コラム

本寄稿コラムは、株式会社Waplusが発行する月刊誌「FX攻略.com」へSBIホールディングスが運営するFX情報比較サイト「ALL外為比較」が独断と偏見に満ちた、しかし他では読めないコアなFX情報・独自の視点での寄稿文を、掲載しているものです。

※ 原則、月間誌への寄稿文をそのまま掲載しておりますが、小幅な加筆修正を経ることもございます。
※ 最新版を読まれたい方は毎月21日前後に発売される「FX攻略.com」をご覧下さい。

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL外為比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性および正確性を保証いたしません。

また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。

したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。

掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。

お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。

当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。

掲載情報のうち「専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、

個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。