FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

ALL外為比較 > 専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム > 仮想通貨の概略について

専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム


仮想通貨の概略について

こんにちは。SBIホールディングスが運営するFX情報サイト「ALL外為比較」の連載コーナーです!


前回は外貨預金や外貨建保険のお話をしました。これらもFX同様に「通貨を交換する金融商品」として外国為替の機能が深く関わっていることとそのリスク・リターンをご説明しました。
(もしお見逃しならぜひamazonやヤフーなどでバックナンバーご購入を♪)

今回は最近はやりの仮想通貨(暗号通貨)の概略について触れたいと思います。

やや難解なイメージかもしれませんが、ドルや円などの法定通貨と同様、仮想通貨も「通貨を交換する金融商品」という側面を持っており外国為替機能と切っても切り離せません。

日本では2016年2月に立法に向けた法改正案を発表、仮想通貨を正式な「貨幣」と認定し金融庁が監督官庁になることが決まりました。(従来は「貨幣」でなくて単なる価値のある「モノ」という位置づけ)

既に仮想通貨の取引所だけでなく一部のFX会社で、「ビットコイン/ドル(XBT/USD)」などの通貨ペアとしてレートを出しているところもありますし、今後売買可能になることも考えられます。


初めてのクローズアップ

さて仮想通貨が国内で大きく取り上げられたのは2014年2月のマウントゴックスという取引所の破綻報道ではないかと思います。

この事件についての詳細は誌面の都合上割愛させて頂きますが、マルク・カルプレス元社長の記者会見のまずさもあり、本来は単なる取引所の破綻なのに、あたかも仮想通貨自体やその価値信任に問題があるように報道されたことが誤解されたイメージをもたらしたのではないでしょうか。

*例えるならば単に1銀行が破綻しただけなのに、円という通貨や日本国が破綻したような誤解です。


直後に「あくまで取引所の問題で仮想通貨の問題ではない」と、他のビットコイン取引所が声明を出していました。とは言え、第一報の「顧客資産が外部ハッキングによって消滅した」という社長の説明は真実でないにしても、日常生活で馴染みのある法定通貨では考えられない事態で不安をあおったと思われます。
一般の方にとっては「仮想通貨とは理解不能ないかがわしいもの」とのイメージが植えつけられたと思います。しばらくネット広告規制の対象商材ともなり、後ろ向きで受難な環境でした。


フィンテック(Fintech)革命

そして昨年秋くらいからですが、ここでまた急速に話題となりました。この時期世界で仮想通貨がホットタイミングであり、グローバルな視点で本邦も乗り遅れてはならないといった側面もあったと思います。

また今回は仮想通貨単体というより「フィンテック」の一環としての話題性です。金融とテクノロジーの融合を指す「フィンテック」という技術は、1990年代のインターネット革命に次ぐレベルだ、との声もあり、その一環である仮想通貨やブロックチェーンの将来性がクローズアップされたものです。

マウントゴックスの時と違い、極めて前向きな環境で今に至ります。


お取引と利用について

ネット証券やFX会社で口座開設するのと変わらず、ネットで選んだ取引所に必要事項を入力し本人確認を送付するとアカウントが設置されます。

ネット証券やFX会社と違うのは口座=資産保存先であるのに対し(厳密には=でなく顧客資産は外部分別管理)、仮想通貨の場合は取引口座≠資産保存先で、別途資産保存先として「ウォレット」と呼ばれる資産保存先を作ることです。取引口座はその名の通り取引するところで、一般の証券・FX会社のイメージのようにその会社に資金を置いておく必要はありません。

もちろんお取引だけでなく仮想通貨対応店舗で買い物や飲食代として仮想通貨で支払うこともできます。


今後について

一説によると仮想通貨は全世界で約700種類あると言われていますが、その中でもビットコインが仮想通貨全体の9割を占め、のべ利用者は1200万人との報道があります。

一昔前の「地域商店街の金券」なのですが、現在ではインターネットが「世界の金券」へ後押ししていくと考えられます。

法整備により一般の方の「利用者保護」が強化されることは大変なプラスで心理面でも安心です。先日仮想通貨取引所の方とも複数話しましたが、これに加えて実務面で言えば
1. 決済手段としては使える店舗が爆発的に増えなくてはならない(リアル・バーチャルとも)
2. 金融商品としては、分厚いマーケットと情報提供(金融機関も投資家も)
の双方が不可欠という点では一致、この点も今後ますます重要でしょう。

また個人的には既に成熟(乱立?)ステージのポイントとの融合が大変面白いと思います。ポイント市場も大手3社ほどに集約されつつありますが、仮想通貨との交換が出来ればポイント運営会社にとっても強力なユーザ利点となるでしょうし、仮想通貨決済を人材やコスト面で躊躇っている店舗側の負担も減るのではないでしょうか。

今のポイント自体が仮想通貨に酷似している現状は、仮想通貨との親和性は極めて高いと確信します。

2016年4月21日 誌面掲載分


FX会社 最新ランキングはこちら!!

主に使っているFX会社は?FX会社ランキング最新版、公開中!

「FX攻略.com」への寄稿コラム

本寄稿コラムは、株式会社Waplusが発行する月刊誌「FX攻略.com」へSBIホールディングスが運営するFX情報比較サイト「ALL外為比較」が独断と偏見に満ちた、しかし他では読めないコアなFX情報・独自の視点での寄稿文を、掲載しているものです。

※ 原則、月間誌への寄稿文をそのまま掲載しておりますが、小幅な加筆修正を経ることもございます。
※ 最新版を読まれたい方は毎月21日前後に発売される「FX攻略.com」をご覧下さい。

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL外為比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性および正確性を保証いたしません。

また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。

したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。

掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。

お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。

当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。

掲載情報のうち「専門誌「FX攻略.com」への寄稿コラム」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、

個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。