FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

ALL外為比較 > 外為マーケットコラム > ドル高基調強まるも、政治リスクへの警戒も

外為マーケットコラム

ドル高基調強まるも、政治リスクへの警戒も


 2日からのドル円相場は、113円台に乗せる場面が何度も見られるなど、ドル高基調が優勢な展開となった。米国の年内利上げ期待が強まる中で、米債利回りの上昇などが目立ち、ドル買いの動きを誘った。
 このところは利上げに前向きな姿勢を示しているとはいえ、従来はハト派であったサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が利上げにはインフレ指標が上向くことを待つ必要はないと発言するなど、FOMC関係者の利上げに前向きな姿勢もドル買いの要因となった。
 注目されていた6日の米雇用統計は、非農業部門雇用者(NFP)がマイナス圏に落ち込むなど、予想以上の弱さを示したものの、平均時給が予想以上に高水準となり、失業率も予想外に低下したことで、全体としては強い数字との見方が広がった。
 NFPは8月のハリケーンの影響が大きかったとみられ、弱い数字ではあったが、市場では問題視されなかった。ハリケーンの影響が少ないとみられた平均時給の高さが市場に好感された格好(実際にはそれなりに影響があった可能性が高い)。失業率に関しては、労働参加率が上昇したうえで失業率が低下しており(一般的に労働参加率が上昇すると、失業率は低下する)、かなりの好結果とみられた。
 この雇用統計を受けて、FF金利先物市場動向から計算されたCMEのFEDWATCHでの利上げ確率は9割を超える勢いを見せ、ドル買いにつながった。
 しかし、金曜日のNY市場午後には北朝鮮リスクでドル売りが入る場面が見られた。
 先週北朝鮮を訪問していたロシアのモロゾフ下院議員が、北朝鮮が米国の西海岸に到達するミサイルの実験準備を行っていると発言。10日が北朝鮮労働党の創建記念日にあたることもあり、ミサイル実験への懸念が広がって、ドル売り円買いとなった。
 週明けは東京市場及びNY市場が休場(NY市場は株式・商品市場などは開場も、債券・為替市場が休場)となり、参加者が少なかったこともあり、ドル円はもみ合いに終始した。

【メイ首相への不満が英政治リスクに】
 英国の保守党議員の間で、先の総選挙での保守党の苦戦(期待されていた過半数を取れず)に関して、メイ首相の責任を問う動きが強まり、辞任を求める声が広がっており、ポンド売りを誘った。人気者であるジョンソン外相との対立もリスクとされ、ポンドは対ドル、ユーロ、円に対して売りが強まる展開に。
 4日に行われた保守党大会での演説は、コメディアンの乱入や、咳が止まらなくなるなどのハプニングで、散々なものとなり、ポンド売りに拍車がかかる材料に。
 週末には対ドルで1.30台前半まで落とす場面が見られた。もっとも、さすがに下げに一服感がでて、そこからは買い戻しも。

【カタルーニャへの警戒感続く】
 スペインカタルーニャ州で行われた独立を求める住民投票で、独立支持が圧倒的となった事案を受けて、警戒感が広がっている。EUはスペインの国内問題として介入する姿勢を見せておらず、スペイン中央政府は住民投票自体が憲法違反で、独立は認められないという立場を崩していないが、同州の住民の不満が強まる中で、スペイン株売りが強まるなど、警戒感が広がっている。もっとも、バスクなどほかにも独立問題を抱えるスペイン政府としては、カタルーニャ州に甘い対応を示す余地がなく、落としどころが相当に難しい問題となっているだけに、ユーロにとって大きな懸念材料となっている。

【豪中銀は豪ドル高をけん制】
 3日の豪中銀金融政策理事会では、事前見通し通り政策金利の現状維持が決定された。声明では豪ドル高に対するけん制が見られ、市場は豪ドル売りの動きに。米国の年内利上げ期待が強まり、金利差縮小から売られやすい地合いに拍車がかかる格好となった。このところの豪経済指標の力強さもあって、市場は豪中銀の姿勢が少し前向きになるとの期待があったが、緩和姿勢の維持と豪ドル高けん制というこれまで同様の慎重姿勢が示されたことで、豪ドル売りとなった。週末から週初にかけて0.77台半ばを挟んだもみ合いと安値圏推移が続いている。

【主要経済指標・イベントレビュー】
2日
日銀短観(9月調査)大企業製造業業況判断 22
米ISM製造業景況指数(9月) 60.8
ミネアポリス連銀総裁 インフレが持続的になるまで利上げするべきではない
ダラス連銀総裁 FRBは忍耐強くなれる
3日
豪中銀政策金利 1.50%に据え置き
豪中銀声明 豪ドル高が続けば成長やインフレは鈍化の可能性
米自動車販売(9月) 年率換算1860万台
パウエルFRB理事 次期議長についてのコメント差し控える
4日
米ADP雇用者数(9月) 前月比+13.5万人
米ISM非製造業景況指数(9月) 59.8
黒田日銀総裁 中央銀行として現時点でのデジタル通貨発行の具体的な計画はない
フッシャーFRB副議長 引き続きインフレ率は上昇する見込み
5日
ECB議事録 為替レートの監視で合意
米製造業新規受注(8月) 前月比+1.2%
米新規失業保険申請件数(29日までの週) 26.0万件
マカファティ英中銀MPC委員 インフレ率オーバーシュートの可能性
サンフランシスコ連銀総裁 利上げ、インフレ指標が上向くのを確認する必要はない
フィラデルフィア連銀総裁 12月に今年3回目の利上げを予想
安倍首相 経済成長なき財政再建無い
6日
米雇用統計(9月)非農業部門雇用者数 -3.3万人 失業率4.2% 平均時給+0.5%
トランプ大統領 (軍幹部との夕食会を前に)嵐の前の静けさかも
ダラス連銀総裁 経済は堅調でインフレ圧力は恐らく高まっている
セントルイス連銀総裁 FOMCが政策を誤る可能性を一段と懸念
アトランタ連銀総裁 米国は力強い雇用成長が継続
NY連銀総裁 段階的な緩和解除はなお適切

【10月10日からの週の注目ポイント】
10日
衆院選公示                         ☆☆
黒田日銀総裁、あいさつ要旨                 ☆☆
ダラス連銀総裁、講演                    ☆☆
ミネアポリス連銀総裁、講演                 ☆☆
EU財務相理事会                       ☆☆
IMF世界経済見通し                      ☆☆
北朝鮮、朝鮮労働党創建記念日                ☆☆☆
11日
米FOMC議事録                       ☆☆☆
シカゴ連銀総裁、講演                     ☆☆
サンフランシスコ連銀総裁、講演                ☆☆
OPEC月報                          ☆☆
中国共産党第18期中央委員会第7回総会            ☆☆
12日
米生産者物価指数(9月)                  ☆☆☆
米新規失業保険申請件数(7日までの週)            ☆☆
パウエルFRB理事、講演                    ☆☆
ブレイナードFRB理事、ドラギECB総裁、パネル討論会      ☆☆
G20財務相・中央銀行総裁会議(13日まで、ワシントン)     ☆☆
13日
中国貿易統計(9月)                     ☆☆
米小売売上高(9月)                    ☆☆☆
米消費者物価指数(9月)                  ☆☆☆
シカゴ連銀総裁、講演                     ☆☆
ダラス連銀総裁、講演                     ☆☆
パウエルFRB理事、講演                    ☆☆
IMF・世銀、年次総会                       
*重要度を3段階で表示



2017年10月10日

みんかぶ 山岡 和雅

担当
外国為替情報
経歴
1992年から、10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画後、事業譲渡により2016年3月にみんかぶグループ入り。
レベルの高い情報を易しく丁寧に提供するだけでなく、専門家の目による分析などを加え、実際の取引に役立つ国際金融情報の提供に努めています。
主な著書
はじめての人のfx基礎知識&儲けのルール(すばる舎)
夜17分で、毎日1万円儲けるFX(アスカビジネス)

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL外為比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性および正確性を保証いたしません。

また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。

したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。

掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。

お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。

当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。

掲載情報のうち「外為マーケットコラム」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、

個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。