FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

FX初心者にオススメするやり方|FXやり方

FXのやり方の基本

初めてFXで取引を行う場合、そもそも何から行えばいいか難しいですよね。FXは外貨の取引であり、海外旅行の両替と同じく「安い時に外貨を買って高い時に売る」ということがまずは基本です。最も分かり易い米ドル/円で考えると100円で買って110円で売る感じです。

FXの場合外貨を売ることから始める取引方法などもありますが、最初のうちは混乱しないためにも分かりやすい基本的な仕組みや取引方法を押さえましょう。

3つの注文方法を押さえる

まず注文の仕方を学びましょう。FXの代表的な注文方法は「成行(なりゆき)、指値(さしね)、逆指値」の三つです。

  • 成行注文は現在提示されているレートで売買する注文方法のことを指します。
  • 指値注文は売買の注文を出すときに値段を指定する注文のことを指し、目標の価格まで「下がったら買いたい」、あるいは「上がったら売りたい」場合に使用する注文方法です。
  • 最後に逆指値注文はその時の価格より「高く買う」・「安く売る」価格指定注文のことで、損切りや順張りに使用します。

注文方法を間違えてしまうと購入したいレートで変えない、購入するつもりのないレートで購入してしまった!という失敗に繋がりかねないのでしっかりと理解し、場合によってはデモ画面で練習しましょう。

購入できる通貨ペアについて知る

FX会社によって取り扱っている通貨ペアの数は異なります。身近で初心者の方が購入しやすいのは米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円などの対円ペア、少し慣れてきたらユーロ/ドル、ポンド/ドルのような円が絡んでいないかつ流動性の高いペアの取引もいいかもしれません。通貨ペアによって変動要因となる経済イベントが異なる場合もあります。購入したい通貨がどういったイベント・要因で変動するかも理解したうえで購入しましょう。

FX初心者にオススメのやり方とは

多くのことをやりすぎない

まず「ローソク足」「移動平均線」の二つのチャートに慣れるようにしましょう。そして「この先、チャートの線はどう動きそうか?」を予想しましょう。「上がる? 下がる? 横ばいが続く?」と考え、次に自分が「なぜそう思うのか?」を考えます。そのうち、自然に「判断材料がもっと欲しい」と思えるようになっていきます。

チャート上には、相場の値動きを予想するのに役立つさまざまなサインが現れます。初心者の間は、あまり多くのことを読み取ろうとすると混乱します。

まずはローソク足を見ながら「サポートライン、レジスタンスライン」を引いてみて「相場がこの範囲内で動いている」「どこで、値動きが変わる瞬間がくる」という過去の傾向をつかむこと。

数本の移動平均線を同時に表示してこの先の「ゴールデンクロス、デッドクロス」を見つけること。

まずは一つ一つ、順番にサインを読み取れるようになりましょう。

デモトレードに挑戦

一番サイトにも書きましたが注文方法やローソク足に慣れてきたら、実際のトレードの前にデモトレードを利用してみましょう。デモトレードであれば口座開設を行っていなくてもメールアドレスの登録などですぐに仮想口座の開設ができます。

まずはデモトレードで小さなレバレッジからスタートし25倍のレバレッジも体験してみてください。FXにおけるレバレッジを使った場合の利益の伸びの魅力と、逆にロスカットのリスクがどんどん高まる恐怖がつかめます。

特にハイレバレッジをかけての取引の怖さがよくわかりますよ。そして現実の取引を始めるときには、「これからは、出した損失は自分で被らなければならない」と改めて気を引き締めることが大事です。

FXのやり方まとめ

事前に考えておくべきこと4項目をご紹介しました。初心者のうちは多くの情報に触れるべきだと思います。様々な情報を得ることで思いもよらなかった見落としが見つかったり、逆により良い方法が見つかるという場合もあります。一般ニュースに加え、下記ランキングから複数の会社で口座開設し、会社間をまたいだ情報収集を始められてはいかがでしょうか。

「FX初心者にオススメするやり方」を知りたいあなたにおすすめのFX会社人気ランキング