FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

FXの失敗について|FXを始めるにあたって事前に考えておくべきこと

負ける人の行動パターン

FXだけでなく、運用や投資を行っていく上で勝ち続けていくことはほぼ不可能でしょう。勝つ時もあれば負ける時もあるのが投資です。そしてFXはゼロサムゲームです。勝つ人がいれば負ける人も存在します。では負ける人はなぜ負けるのか…。負ける人が取る行動パターンにはどんな共通点があるのでしょうか。

負ける人が取る行動パターンにはどんな共通点があるのでしょうか
  • 「負けそうだ」と思ったときに「もう少し経てば、相場が回復するのでは・・・?」と希望的観測を持って損切しない
  • 自分で決めたルールを破る
  • 勝った勢いで普段買わない通貨ペアに手を出す
  • ポジションを持ってないと不安になる(いわゆるポジポジ病)

などが挙げられます。まず損切りを先延ばしにすることは厳禁です。損失が出そうだと思ったら、自分の耐えうる損失額の範囲内で、必ず損切りをしましょう。逆に「早く負けを確定して勝負の土俵から降りる」人は、最終的には勝ち残っていきます。また「売る」「買う」以外にも「待つ」は立派な戦略です。むやみにポジションを持たなくてもいいのです。

勝った勢いで根拠のない自信から新たなポジションを持つのも得策ではありません。「勝って兜の緒を締めよ」という言葉の如く、勝ったからと気を緩めず、更に心を引き締めて取引に向き合いましょう。

損小利大

「損小」は損失は少なく抑えること、「利大」は利益は大きくとること、という意味です。特に大事なのは「損小」です。損失額が小さければ、後の取引で取り戻すことができますが、損失が大きくなれば、取り戻すことが難しくなります。

「大きな利益を得て、損失を一気に挽回したい!!」と焦るようになれば、冷静な取引ができなくなります。冷静さを失えば、負けが続くようになってしまうのです。

二つの後悔

「あの時決裁していなければ(もっと利益が取れたのに・・・)」「あの時決裁していれば(こんな損にならなかったのに・・・)」というようなタラレバな後悔・・・FXでなくても投資をしていれば皆さん一度は経験があるのではないでしょうか。しかし前者と後者の後悔は全く異なるものです。前者は少なからず利益を取ることに成功しており、後者は「あの時」よりも更に損を拡大している状態です。この二つの後悔であれば前者の少しでも利益を取れている方がいい結果であると言えます。もちろん後悔しない取引が出来ればそれに越したことはありませんが、損を膨らませて後悔することのないようにしたいですね。

目標と反省

何事も明確な目標がある方が頑張れますよね。FXも同じように最初のうちは「いくらの利益を得たいか」を明確にしましょう。利益確定をするときは「利益が大きくなったら売る」よりも、「目標としていた利益が得られるとわかったら売る」という姿勢が大事です。「もっと待てば、大きな利益が得られるかもしれない」という希望的観測を持ったまま待ち続ける事は負ける人の行動パターンです。FXで勝ち残るためには「目標を定め、到達したら潔く決裁する」ことが大事なのです。

FXで勝ち残るためには「目標を定め、到達したら潔く決裁する」ことが大事なのです

ポジションを決裁してから「もう少し待てばもっと利益を得られるはずだったのに」と思うこともあるかもしれませんが、それはあくまで結果論です。反対に進んでいたら「あの時決裁して良かった」と思うはずですから。この反省を活かし、次に同じような状況になった時の判断材料として貴重な経験をしたと思いましょう。

FXの失敗についてまとめ

以上、FXと失敗についてご案内いたしました。

損小利大という言葉を理解することは簡単なのですが実際に行動に移そうとすると意外と難しいかもしれません。冷静さを失わずに取引ができるよう、心掛けたいですね。

損小利大という言葉を理解することは簡単なのですが実際に行動に移そうとすると意外と難しかもしれません。冷静さを失わなわずに取引ができるよう、心掛けたいですね。

「FXの失敗について」を知りたいあなたにおすすめのFX会社人気ランキング