FX・為替比較はALL外為比較

  • FX会社を探す
  • FXの基礎知識
  • Q&A
  • 外国為替マーケット予想

ALL外為比較  TOP > FXを始めるにあたって > 事前に考えておくべきこと 〜税金について〜

事前に考えておくべきこと 〜税金について〜

FXと税金について

税金

FXで得た利益は、確定申告をして所得税を納める必要があります。
FXの利益は所得税法上「雑所得」扱いとされます。雑所得には「年金や恩給などの公的年金等」「非営業用貸金の利子」「著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税講演料や放送謝金など」も含まれます。
確定申告が必要になるのは、雑所得の合計額が、年間で20万円を超えた場合です。

店頭FXと所得FXの税金について

FXには、従来行われてきた「店頭FX」と「取引所FX(くりっく365)」があります。
日常的なFX取引に関しては、どちらを選んでも、操作方法などに大差はありません。ただ、所得税の計算方法は異なります。

■店頭FXの場合
店頭FX取引で得た利益には、所得税の計算上は「総合課税」が適用されます。
税率は、給与所得などと、FXで得た利益の額を合計した所得額に応じて、税率が決まります。
■取引所FX (くりっく365) の場合
所得税の計算上は「申告分離課税」が適用されます。課税所得額にかかわらず、FXで出した損益に関しては20%の税率が適用されます。FXで大きな利益を出したい人、現に出している人は、店頭FXよりもくりっく365のほうが、税負担が低くなります。
また、くりっく365の場合には、損失を出した場合にも確定申告をしておくことで、翌年度以降に損失を繰り越すことができ、節税につながります。

専門家に相談する

税金のことで不安や、わからないことがあるならば、専門家に相談することも考えましょう。国税庁の運営する「タックスアンサー」や、税務署に併設されている「税務相談室」などもあります。また、長くお付き合いできる税理士さんを探したいなら、地域の税理士会に相談すると良いでしょう。
確定申告の前になると、税務署や税理士会が、税務相談を受け付ける体制を充実させてくれますので、申告の期限に注意して、早めに相談すると良いでしょう。